債務整理と住宅ローン

■債務整理中に住宅ローンは組めるのか
債務整理中に住宅ローンを組みたくなるという方もいます。しかし、債務整理中に住宅ローンを組むことは困難であり、ローン業者の審査を通ることはほとんどありません。

債務整理を行った場合、程度の差こそあれ、任意整理であろうと個人再生であろうと自己破産であろうと信用度の低下は避けられません。また、債務整理中に住宅ローンを組むという行為は借金の減額を依頼している債権者に対する背信行為でもあり、それもまたローン業者からの信用度を低下させる原因となります。

■債務整理後に住宅ローンは組めるのか
債務整理を行い、債務を返済している間は基本的に住宅ローンは組むことができません。というのも、債務整理によって組み直した返済計画は生活水準をギリギリまで切り詰めた状態のことであり、住宅ローンのような大きな買い物をするような経済的余裕はないものと解されるからです。債務整理後、債務返済中は住宅ローンを組むのはほとんど不可能と言えるでしょう。

債務整理によって債務を返済した後でもすぐに住宅ローンを組めるようになるとは限りません。債務整理の記録は信用情報機関の信用情報に登録され、7年から10年は保持されるとされています。ローン業者は審査の際に信用情報も参考にするので、この期間中は住宅ローンを組むのが難しいとされています。しかし、すでに仕事が軌道に乗っており、住宅ローンを組めるくらいの経済的余裕がある方であれば、信用情報機関に債務整理の記録が残っていても住宅ローンを組むことができるケースもあります。あくまで稀少なケースですが、可能性はゼロではないので、駄目元でローン業者に問い合わせてみるのもいいでしょう。

■債務整理前の住宅ローンの取り扱い
債務整理前の住宅ローンの取り扱いは債務整理の種類で変わってきます。自己破産では全ての不動産を失うことになるので、住宅ローンが残っている住宅も手放すことになります。支払ったローンももちろん返ってきません。

個人再生や任意整理では住宅ローンを継続することができます。また、住宅ローンは減額の対象にはなりませんが、プランの見直しはできるようになっています。  

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ハウスリースバック
法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える
お金について考える
ハウスリースバック

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 | アヴァンス法務事務所 | 樋口総合法律事務所 | 杉山事務所