ブラックリスト

ブラックリストという言葉は一度は
聞いたことはないでしょうか?


借金の返済でトラブルがあった人が信用情報機関にリストアップされ掲載されると、要注意人物として借入などを受けられなくなります。 貸金業におけるブラックリストは、借金の返済が長期や複数回にわたって遅延したり、借金返済が困難となって債務整理をして債権者に損害を与えた人が信用情報機関にリストアップされ掲載されることをいいます。

当然のことですが、借金を返済せずに債権者に損害を与えたような人にお金を貸そうとする業者はありません。個人情報ではあるものの、金融機関には信用情報機関を通し開示されることとなります。金融業者と契約する際には、信用調査会社へ情報公開される旨に同意し、署名捺印する必要があるのです。このため。借金の返済を長期に渡って遅延したり、複数回に渡って遅延した場合には、その事実は信用情報機関を通じて金融業者間で共有され、他社での借入は困難になったり、契約を破棄されたり、酷い場合には一括返済を求められることもあるかもしれません。

多少救われる情報としては、カードには複数の系統があり 流通系、信販系、銀行系などの系統同士では情報を共有していないといわれていることです(真偽のほどは不確かです)。しかし昨今の金融事情では、貸金業者の親会社が銀行となることもあるので、あまり頼りになる話ではありません。 ブラックリストに一旦載ってしまえば、5~7年間は借入が出来なくなるのはもちろんのこと、ローンを組めなかったり、クレジットカードが作れなくなります。

非常に不便な生活を強いられることとなります。ただしこれは、逆から考えると、利用者は嫌でも借金が出来なくなるので、それ以上に借金が膨れ上がっていくという悪循環からは救われることとなります。 債務整理をした多くの場合にはブラックリストに載りますが、任意整理の身は載らない可能性があるようです。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項