多重債務者にならない

多重債務とは、借金を返済するため

別の金融業者から借りることによって陥るものです。多重債務者にならないためには、複数業者からの借入を繰り返さないことが鉄則です。この方法を繰り返して行くと、複利方式で借金がいつのまにか膨れ上がり、借金地獄に陥ることでしょう。 ましてや現代は不景気です。収入が増えることはなく、むしろ減る危険性さえあるのです。借入を繰り返すほど返済は困難になっていくことでしょう。また、元金はなかなか減らず、長期間に渡って返済の苦しみを味わい続けることとなるでしょう。

利息の身の返済をするはめになるのは見えています。このままでは元金が減っていかず、生活苦に陥り、さらに高金利のローンに手を出して行きます。これが多重債務への道のりです。 このような状況の打開策としておまとめローンによるローンの一本化という方法があります。これは一見借金の上塗りに見えるかも知れませんが、この方法は低金利で元金を着実に減らして行ける方法です。毎月の返済による負担は軽くなり、精神的にも経済的にも余裕が出てきます。借金地獄に陥る前におまとめローンに依って複数借入を一本化すると言う事は、多重債務者にならないために非常に有効な手段と言えます。

短期間で改善の見込みがある場合

追加の借金はせずに身内から一時的に借りるのが最も確実で安全な手段と言えます。しかしお金は簡単に信頼関係を崩してしまいます。やはり自力で何とかするにこしたことはないでしょう。その時におまとめローンは立ち直りのための方策として非常に良い方法なのです。 とにもかくにも、多重債務から逃れるための最も良い方法は、ローンの一つにしてスリム化して着実に元金を減らして行くことです。スリム化した後でも支払いが困難なほど借入が膨れ上がっている場合は、債務整理をして大幅に現状を変えるしかありません。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項