借金完済後の心構え

厳しい生活の中から返済の為のお金を
準備するとう生活は大変なものです

経済的にも精神的にも余裕がなく、金に悩まされる毎日を送ることになります。自殺をする人の多くが経済的困難から自殺に踏み切るといいますが、その気持ちになるのも無理ではありません。

借金を完済した時に最も恐ろしいのは、気が大きくなることです。一般人にはないマイナスの財産をゼロに戻しただけであるのに、大きな試練を乗り越えたように思ってしまい、気が大きくなるのです。そのことから、また返せばいいやという考えから、折角完済したにもかかわらず、何かの折にまた借金してしまうのです。借金から抜け出せない人と言うのは、総じてこのような心理状態です。

借金をしたならば、必ず期日までの
支払いをする必要があります。

経済的にも精神的にも余裕がなく、金に悩まされる毎日を送ることになります。自殺をする人の多くが経済的困難から自殺に踏み切るといいますが、その気持ちになるのも無理ではありません。

借金を完済した時に最も恐ろしいのは、気が大きくなることです。一般人にはないマイナスの財産をゼロに戻しただけであるのに、大きな試練を乗り越えたように思ってしまい、気が大きくなるのです。そのことから、また返せばいいやという考えから、折角完済したにもかかわらず、何かの折にまた借金してしまうのです。借金から抜け出せない人と言うのは、総じてこのような心理状態です。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |