他社借入件数を減らそう

おまとめローンとは

複数の業者から借り入れているローンを低金利によるローンに一本化してまとめ、毎月の元金支払いや利息支払いを減らして返済して行くプランです。消費者金融では小口の借入であればあるほど高金利を課せられていることが多く、小口を複数借りている場合には返済は非常に大変なものとなります。そんな時にこそおまとめローンが力を発揮するのです。借入をしている複数業者のうち、初めは2社や3社しかまとめられないかもしれませんが、少しでもまとめて一本化に近づけて行くうちに少しずつ返済は楽になっていくので諦めてはいけません。

ローンをまとめて行くにあたって、他社借入件数が多いことによって審査に取らなかったり、初回融資限度額に届かないなどという困難は予想できますが、一度で一本化できなくとも、諦めることはありません。返済実績をすこしずつ積み重ねて行き、他社借入件数を1社、2社と減らして行くことによって、優良顧客として徐々に認知されて行きます。少しずつ優良顧客に近づき、返済の条件が一番いい金融商品の審査に通過し、出来るだけ楽に返済することを目標とすれば、頑張る気力もわいてくるかもしれません。

他社借入件数を減らして行く必要がありますが


これにはいくつかポイントがあります。それは、
・希望融資額に届かないとしても、借入残高が小さい順に1社でも多くまとめること
・完済するごとに着実に解約することで、信用情報機関から他社借入枠を削除していくこと
・返済実績をつけ、増額と金利の引き下げ交渉をすること
・最終的には条件の良い低金利ローンでまとめること


です。 また、借金を完済するためには、追加の借入をしないことです。長期的な計画を立て、その計画に忠実に、追加融資などはきっぱりと断る意志を持ちましょう。 目安としては、他社借入件数は3社まで減らすことが出来ればとりあえずは成功といえます。2社まで減らせれば、完全ではないものの、おおむね成功と言う事が出来ます。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |