保険を見直そう

借金の返済は、利息にかかる金額を減らすために、早く完済してしまうのがコツ


借金を早く返して行くためには支出の見直しが不可欠です。特に知らず知らずのうちに無駄なお金を払っているもの、必要そうに見えて実は無駄が多い支出は保険にかかる支出です。 保険はいざというときの備えとして必要なものですが、見直しをすることで安くなることが多いものです。ネットでは比較サイトなどの情報も多いので、一度自分が保険にかけている金額が高くないかを調べてみましょう。見直しのポイントは「特約」です。

保険は特約をつけることでより充実するものですが、充実させすぎることで無駄が多くなっているケースが多いものです。特に医療保険などは特約が多いので、見直してみる価値があるでしょう。名前が違うだけで同じような内容の保険や特約に入っていることがあるかもしれませんので、それらは解約し、浮いたお金を借金の返済に充てる方が随分賢いと言うべきです。

保険の特約は単体では安くオプションとして付けて行くことで全体の金額をあげて行くもの


保険屋はあらゆる特約を盛り込むことを提案してきますから、加入した側でも把握しきれていないことがあります。見直すことで安くなる可能性が大きいというのは、こういう理由からでもあります。 特約の落とし穴は、イメージ戦略にもあります。たとえばある特約を指して、「1日当たりコーヒー1杯分」などと宣伝しているものもありますが、これは具体的にコーヒー1杯あたり何円として計算されているのか非常に不透明ですし、仮に1日当たりの値段が缶コーヒー1杯分つまり100円だったらどうでしょう。

1年間で36,500円にもなってしまいます。そのような特約をいくつもつけたら、大変なことになってしまいます。保険の見直しはぜひやりましょう。特に医療保険の見直しでかなり安くなることもあります。 保険を見直して無駄な支出を減らし、その分を借金返済に充てるという行為は、全体で見れば完済までの期間をグッと短くなる可能性は大いにおあります。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |