自己破産の手続き

自己破産手続きもその他の債務整理と同様

弁護士に依頼するのが最も間違いの生じない方法です。しかし、弁護士への依頼には平均して30万円前後の弁護士費用が必要です。自己破産をする人にはかなり厳しい金額と言えます。 しかし、専門家である弁護士に依頼することで、不安が取り除かれることは間違いありません。間違いのない手続きを素早く行ってくれます。自己破産の書類作成から、裁判所への申し立てまで任せることが出来ます。 自己破産のメリットは、借金が帳消しになることです。そして、弁護士に依頼した時点で、借金の取り立てもなくなり、借金返済におびえることなく、多重債務の苦しみから解放されます。この精神的安息が得られると言う事は大きなメリットです。

ただし、借金が帳消しになる問う事は、貸した側には多大な不利益を与えるということは深く自覚しなければなりません。再スタートを切ったならば、二度と同じ過ちはしないと固く決心しなければなりません。 自己破産は任意整理や民事再生と比べて、借金が完全になくなるぶん、デメリットが増えます。一つ目は、財産の一部を手放す必要があることであり、言えや自動車などは手放さなければなりません。

二つ目は官報と、本籍地での破産者名簿に一定期間載ることです。
これは一般の人が目にすることはないため、あまり気にする事はないでしょう。
三つ目は、自己破産をすると信用情報機関のブラックリストに掲載されるため、約7年間あらゆる借入やローンを組んだり出来なくなります。 四つ目は、破産者は弁護士、司法書士、税理士、会社役員などの資格を失うと言う事です。場合によっては保険外交員や証券外交員の資格も失います。しかしこれらは、免責が決定した時点で復権するので、時間が解決してくれる問題です。 五つ目のデメリットがもっとも大きいのですが、債務者が自己破産によって借金の支払い義務がなくなったとしても、保証人には何の影響もないと言う事です。保証人は債務者に代わって債務を追求され続けます。自己破産をする際には保証人とよく話し合う必要があります。


本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |