過払金とは

利息制限法で定められた利息以上で払われた利息のことで、消費者金融、クレジットカードの支払いなど 借金業者から借り入れしている場合、発生していることがあります。 また、借金を全額返済していても過払いをしている人が大勢います。しかし、このケースも取り戻すことができるのです。

過払い金が発生する理由


金利のグレーゾーンという言葉を聞いたことがないだろうか?実はこのグレーゾーンが過払い金を生み出しているのです。 どういうことかというと、表のように利息制限法による利息(15%~20%)の上限と、出資法で定められた利息(29.2%)の上限が違うことで発生するもので 本来は利息制限法の上限以上で支払う必要がないものです。しかし、罰則がなくグレーな状態になっていました。 2010年6月18以降、出資法の上限金利が20%まで引き下げられ、利息制限法との差は行政処分対象になっているので実質には利息制限法に統一されたということになります。
過去に払われた高い金利による過払金でも消滅することはありません。

過払い金の請求ができる方
過払い金の請求は利息制限法の超える高金利で借り入れをして完済している場合や弁済途中の場合のどちらも可能です。 ただし、取引期間が短かったり、完済が10年以上前だった場合は原則的に過払いにはなりません。 取引期間が長期間に及んでいた、または及んでいる場合、長ければ長いほど多く過払いが発生しています。 長期間とは5年以上で過払いになり、返還請求ができるケースが多くあります。 また、それ以外でも過払い請求ができる場合があります、心当たりがある方は、無料で相談できるし、無料で過払い額を計算してくれる 法律事務所もあるので活用してみてください。

原則的に過払金請求できる権利は取引終了後10年が時効ですが、裁判所が認めた場合には請求が認められます。

過払金返還請求のメリット
調査の結果、過払い金が発生していることがわかった時点で借金の返済がストップします。 返済中でも過払い金との相殺で借金が大幅に減額したり、なくなり、逆に戻ってくることがある 完済した場合でも過払い金の返還を受けることができる

過払い金の返還を請求するデメリット
過払い請求した金融業者からは今後、利用できなくなる可能性がある。

上記デメリットは過払い請求をした金融業者は、利息制限法以上で貸付していたということになるので、そのような業者を「利用しないで済む」という考えに変えることができればむしろメリットになるでしょう。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ハウスリースバック
法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える
お金について考える
ハウスリースバック

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 | アヴァンス法務事務所 | 樋口総合法律事務所 | 杉山事務所