過払い金請求メリット

過払い金の請求は個人でも請求できる

一般的には弁護士や司法書士など専門家を通して行われます。弁護士に安全するとまず間違いはないでしょう。安全にスムーズに変換手続きが行われます。また、過払い金を請求するときには、司法書士よりも弁護士に依頼するのが一般的です。なぜならば、司法書士は140万円を超える事件を処理する能力がなく、また地方裁判所に過払い金返還訴訟をした場合にも、代理人を務めることができません。一方、弁護士に依頼すれば最初から最後まで、債務者の代理人として務めてくれるので非常に助かります。過払い金の請求を弁護士に依頼したら、その時点で借金の取り立てと支払いはストップします。

また、もし弁護士などの代理人を立てずに過払い金請求をしたならば、金融業者は強硬な姿勢で交渉に臨んでくるでしょう。ましてや業者は今までに多くの債務者を相手取って貸付金を回収してきた海千山千の猛者です。債務者が太刀打ちできることはほとんどないでしょう。しかし弁護士という法律の専門家がいれば安心です。手続きもスムーズで、債務者に危害が及ぶこともありません。

また、弁護士の腕次第で過払い金請求の結果は大きく変わる 司法書士や経験の浅い弁護士には依頼せず、経験豊富な弁護士に依頼しましょう。債務者自身で交渉するなどもってのほかである事は言うまでもありません。 過払い金のメリットは言うまでもなく、払い過ぎたお金が返ってくることです。多額のお金が返ってくれば弁護士費用も十分に賄う事が出来ます。 デメリットはないに等しいです。強いて言えば、請求先の業者とは今後取引が出来なくなることくらいでしょうか。しかし利率を多くとっていくような業者との付き合いなどこちらから願い下げでしょうから、デメリットと言うほどでもないでしょう。 過払い金請求は法的にもこちらが有利な交渉ですので、過払い金が判明した時には是非とも交渉して取り返すべきです。


本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |