借り換えについて

キャッシングでは借り換えができます

借り換えとは、A社から借りたお金を返済するために、B社からお金を借りて返済にあてることを言います。この方法は多重債務に落ちる最もおおいパターンなので、あまりオススメは出来ません。意志の弱いやお金の管理が苦手な人にとっては特におすすめ出来ません。しかしながら、ある場合においては有効な手段ですので、該当する人は検討してみるといいでしょう。

「ある場合」というのは、グレーゾーン金利などを見直す前から業者と取引がある人の場合です。グレーゾーン金利を見直す前と後では金利に大きな差があるため、契約したのが見直しより前であれば、借り換えることで格段に安い金利で借りることが出来るのです。金利が安ければ毎月の負担は減り、返済スピードも速くなります。 貸金業者との契約の際には、借金の用途を尋ねられる場合がありますが、この時他社返済のためと答えることもできます。どの業者も他社より自社に金利を払ってほしいと思っているものです。返済能力がよほど疑わしくない場合には契約してくれることでしょう。とくに50万円未満の借金であれば有効な方法です。

1社だけでも多大な苦労をしているのにこれ以上契約すれば大変なことになると思っている人もいるでしょうが そう考えている人こそ楽になる場合もあるということに少し目を向けてみましょう。利息の安くなるように新規の契約をしたら、以前の会社との契約は解除して、自ら借金地獄への道を絶ってしまいましょう。 キャッシングと上手な付き合いが出来ている人でも、金利が下がるに越したことはないでしょう。以前の契約のままでは金利が高いことがありますので、金利が低くなるように借り換えをするといいでしょう。

例えば数年前の契約のままでは利率が26%であったものが、借り換えをすることで18%以下になることもあるのです。 借金は早期返済が鉄則です。早期返済の為に使える手段は何でも使っていきましょう。


本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項