過払い金基礎知識

過払い金という言葉は、耳にしたことがある人が多いかもしれません。簡単にいえば、金融業者に返し過ぎたお金のことです。 例えば、サラ金などは利息制限法という法律で定められた利息を越えた利息でお金を貸していることがあります。この過払い分と、本来の利息で計算した金額の差額は、本来支払う必要がなかったお金です。そして、業者との取引期間が長ければ、非常に多くの額を支払ってしまっていると言う事になります。この過払い金は法律に基づいて取り戻すことが出来ます。

過払い金とは、消費者金融などの貸金業者が定めている利率が、利息制限法で定められている利息よりも高いことによって発生します。確かに多く払っているのですが、多くの人は気がつかずに支払っています。 貸金業者が定めている利率は29.2%に設定してあり、これは出資法という法律で定められた上限の利息です。これを越えて貸付をすると刑事事件に発展するので、貸金業者はこのぎりぎりのラインを守っています。利息制限法の上限を超えても、出資法の上限を越えなければ、事件性はありません。

利息制限法では10万円未満の貸付で20%、100万円未満の貸付で18%100万円以上の貸付で15%と利率が決められています。法律上の解釈を以てすれば、この利率を越えて支払う必要はないので、もし多く支払っていたならば過払い金を計算(引き直し計算→業者の定める利息に依って実際に支払った金額-利息制限法で定める利息に従って本来支払うべきであった金額=過払い金)して、取り戻すことが出来るのです。 出資法と利息制限法との利率の差の部分を、一般的に「グレーゾーン金利」と呼びます。このグレーゾーン金利によって生じた士洗いは支払う必要がなく、取り返すことも可能です。このグレーゾーン金利は、消費者金融の身でなく、クレジットカードのキャッシングにも用いられていることがあるので、これらも過払い金請求の対象とすることができます。


本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |