借金返済のコツ

・借金返済のコツを紹介しましょう。

コツといえば大袈裟ですが、基本は誰でも知っているように、出来るだけ金利を払わずに元金を減らしていくというのが鉄則です。 複数業者から借りており、返済期日に全ての返済をするのが難しいとなれば、どれかを後回しにするほかありませんが、その際にも金利を出来るだけ払わなくていい方法を検討すべきです。

このときにすべきことは、まず全ての業者の金利を確認する事です。そして金利の高い業者から順に返済して行くことです。こうすることで、高金利の業者を後回しにした時に比べていくらか支払う利息を減らすことが出来ます。 毎月の返済は、まず利息を支払い、それが済んでから元金の返済をすることになります。例えば、利息が5000円の時に10000円返済に充てるならば、まず利息分の5000円を支払いその後に残った5000円が元金の返済に充てられることとなります。また、支払いが遅れて遅延損害金が発生している場合には、次回の返済ではまず遅延損害金の支払いを済ませ、それから元金の返済となります。リボルビング払いも同様の仕組みです。

最小返済額を見ると

・毎月の支払いはそう多くはないように感じるかもしれませんが

実はそこが落とし穴です。最小返済額を返し続けると言う事はなかなか元金が減らないと言う結果繋がるため、結果的には支払い総額がもっとも高額になってしまうのです。これが消費者金融の手口であり、奴らは口先では甘いことを言いますが、実際には貪欲な腐れ外道であると認識しておきましょう。 消費者金融の手口に引っかからないためには、頑張って繰り上げ返済を行うことによって、出来るだけ利息を支払わない方向に持っていくことこそ重要です。

この事は、借金に縛られる期間の短縮にもつながり、多少きつい思いをするかもしれませんが、借金から解放されるのも早くなります。 また、この方法で元金を出来るだけ早く返済して行くことで、良く付き以降の利息は当然減ります。毎月の負担も徐々に軽くなっていきます。多少の苦労をする価値のある行為であると言えます。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項