借金を繰り返さないために

・借金を完済したり、債務整理を行った人は

その苦労からもうお金で苦労したくないと思うものです。しかし、そう思う反面、心のどこかで一度完済してしまった自信から再び兄に借金を再びしてしまう人が多いのも事実です。 ここでまず考えるべきなのはまっとうな方法で完済した人はともかく、債務整理を行った過去がある人にお金を貸す金融業者が普通ではないことに気づけるかということです。

破産法では、免責を受けてから7年を経過しない者は、再度免責を受けることが出来ないということが定められています。では7年を経過すれば再び免責許可が下りるかと言うと、これは不可能です。現実的に免責を受けられるのは一生に一度だけと思わねばなりません。つまり、免責を一度受けたことのある人は、再度借金をしてしまってまた返済困難になった時、もう逃げ場はないのです。そのような人にもお金を貸そうとする業者があります。これは尋常ではないでしょう。

そもそも、貸金というのはビジネスだということを忘れてはなりません。

・友人や家族にお金を貸すのではなく

赤の他人に貸付け、利子つきで回収する事で儲けるのです。業者のこのスタンスを忘れてはいけません。完済した人や債務整理をした人に貸付ようとする業者は、間違いなく危ない性質を持っていると考えておきましょう。 一度免責を受けた人は、再度免責を受けることは不可能です。その場合、返済困難になると、衣食住の保証すらないほど追い込まれかねません。もしこのような状況に陥ってしまったならば、万事休すかというと、まだ策はあります。それは免責は受けられなくとも、利息制限法の適用は受けられるということです。つまり、利息分は利息制限法の範疇でしか支払わないという姿勢を貫くことは可能です。

それでも返済が異なった場合には、免責は受けられませんが、任意整理や特定調停を行う事は出来ます。逆にいえば、免責を受けるということ以外であれば、あらゆる方法が残っているのです。 なにはともあれ、基本は一度完済や債務整理をして地獄を見ているのだから、再び借金はしないと固く心に決めることです。そうすることが最も大切といえます。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |