任意整理の交渉と、メリット・デメリット

・任意整理では債務者は債権者と話し合いをするので、交渉力が必要となってきます。

本人が法的知識や交渉術に自信がある場合には一人でも任意整理を行う事ができますが、最も間違いないのは弁護士に交渉の依頼をすることです。余程の専門知識や実力がなければ、一人で交渉をした場合と、弁護士に依頼して交渉した場合とでは、交渉結果には大きなさがでることでしょう。 金融業者も、簡単に交渉に応じていたのでは商売になりません。債務者のみで交渉に出向いても、強い態度で臨まれます。そして業者はこれまでに多くの債務者を相手取ってきた、海千山千の猛者です。任意整理をするときには経験豊富な弁護士に依頼しなければ痛手を被ることとなるでしょう。 弁護士に依頼する事には二つのメリットがあります。

一つは、取り立てをストップさせることです。弁護士は依頼を受けると同時に、債権者に受任通知という書面を送ります。この書面を受けた業者は、和解が成立するまで取り立てを行う事が出来なくなります。 もう一つのメリットは、債務者は依頼さえすれば、その後の処理をすべて弁護士に一任出来ると言う事です。債権者との交渉はもちろんのこと、書類作成などはとても個人では出来るものではありません。依頼をした時点で債務者の役目は終了となります。  

任意整理をするメリットとデメリット

・メリットは、言うまでもなく負担が軽くなることです。

借金が減額されることもありますし、業者との取引が5年以上ある場合、50万円の残高がゼロになることもあります。また、7年以上の取引では過払い金が戻ってくることもあります。さらには今後の利息が免除されることが多いため、それまでの返済に比べると大変負担が軽くなるのです。 その他のメリットとしては、公的機関を通しての債務整理ではないため、資料収集などの必要がないため、手続きが簡単である事が挙げられるでしょう。官報にも載らず、人に知られることもありません。また、複数の債権者との取引がある場合には、利息の高い業者のみを整理の対象とすることもできます。

業者との取引が長ければ長いほど、過払い金の請求ができる確率は高くなっていきます。5年以上の取り引きがあれば、まず任意整理を考えるべきです。 一方デメリットは、任意整理したという情報が信用情報機関にブラックリストとして掲載されるため、その後の約7年間は全ての借入は出来なくなることです。 任意整理の目的は、借金総額を減らし、返済の負担を軽減する事が目的ですので、整理後に残った元金は必ず返済する必要があります。そのため、どうしても借金をゼロにしてしまいたい人には不向きです。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |