銀行という強い味方

・現代は不景気な時代です。倒産する企業は多く、リストラによる失業をする人も増えました。

そこまで悪くなくとも、多くの人が給料に伸び悩み、あるいは減給され、住宅ローンなどの重圧に苦しみ、そのため年収400万円以下のサラリーマンで無担保ローンの借入が100万円や200万円あることは珍しくないとも言われます。 ボーナスが出れば繰り上げ返済を行う事も出来ますが、今やボーナスが出ないことも多く、残業代さえ出ないことも多いような状況です。借金は毎月の固定収入の中からコツコツと返済して行かなければなりません。

一度無担保ローンに手を出してしまうと、専用のカードが発行されます。いつでも気軽にお金を手にすることが出来るようになります。ちょっとだけという気持ちからの借入が重なり、気がつけば返済を他社からの借入に頼ってしまうという悪循環に陥ることも多いものです。 銀行はこの不景気による、このような多重債務者の増加をある意味チャンスと見ています。銀行と消費者金融が手を結び、借換ローンを展開しています。金利は15~18%に抑え融資限度額も300万円などに設定し、シェアを拡大しています。

銀行は資金源が豊富であるため、借換を提供する事が容易

・返済に困窮した人に低金利ローンへの借り換えへ導きます。

消費者金融は貸し倒れのリスクを軽減する事が出来ます。このことから両者の提携が実現したのです。 また、銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外です。そのため、借入額の膨れ上がった人にも貸付をすることが出来ます。貸金業者からすでにぎりぎりまで借入している人をも新規顧客の対象とすることが出来るのです。

複数業者からの借入に苦しむ人としても、低金利の恩恵を受けられるため、この風潮は誰も損をしない画期的なものなのです。消費者金融よりも5~10%も低いので、毎月の負担は非常に軽くなります。 銀行の借換ローンは借金に苦しむ人を高金利地獄から救い出し、資産運用の手助けをしてくれるのです。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ハウスリースバック
法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える
お金について考える
ハウスリースバック

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 | アヴァンス法務事務所 | 樋口総合法律事務所 | 杉山事務所