自己破産での問題解決の手順

借金を返済してはいるが、返済することが難しく生活の負担になっている人が、債権者(サラ金業者など)と裁判所を通さずに支払い金の減免を交渉し、返済計画を立て直すこと。 任意整理後は今までとは違い金利は「0」になるので返済した分は必ず減っていきます。 任意整理の交渉は、債務者が直接することもできますが、サラ金業者は相当に厳しい交渉相手 であることが現状で、通常、弁護士や司法書士に依頼します。

任意整理を選択する条件

  • 債務者はすべての借金を弁護士・司法書士に打ち明けること
  • 利息制限法に基づき、債務額を計算し、債務者の収入を考慮し3年間程度(通常)※で返済が可能な場合
※交渉次第ですがあまりに長期にわたる返済は交渉に応じてくれないことが多い

利息制限法により減額

金融業者の大半は利息制限法で定めた金利以上でお金を貸していた※ため、長期に払い続けていた場合利息を多く払っていることがあります。 ※現在の金利は利息制限法に統一されている。

利息の制限は右記にように定められていますので、これ以上の金利で払われた利息は取引開始時までさかのぼって再計算され減額することができます。 借金の額や返済条件によって違ってきますが、ほとんどの方が債務の2割~3割ほど減額されています。取引期間が長期にわたっている場合には、 任意整理をした結果、借金が「0」円になっていたり過払い金が発生しており、過払い金返還請求することでお金が戻ってくるケースも多くあります。

任意整理のメリット・デメリット


任意整理のメリット

  • 過払い金が回収できる
  • 返済する借金の利息が「0」になる
  • 金融業者からの取立てがなくなるので精神的にかなり楽になる
  • 基本的に家族や第3者に知られることがないので心配をかけなくてすむ
  • 無理のない計画で返済することができる

  • 任意整理のデメリット

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |