自己破産での問題解決の手順

・任意整理は利息カットや返済額の調整を行い

あるいは借金総額を減らして債務者の負担を減らすものです。無理な計画を立てずに、整理後の返済に臨みます。そのため、任意整理が可能な人の条件として、返済にかかる期間中、安定した収入があることが前提条件となります。 定期的収入があればいいので、サラリーマンだけではなく、フリーターや年金受給者でも任意整理を行う事が出来ます。定期的収入がない場合には、自己破産を選ぶこととなるでしょう。

任意整理の第一歩は、弁護士や司法書士に相談し、それぞれのケースに合ったアドバイスを受けることです。相談に行くために準備する資料としては、債権者一覧表を持っていくといいと思います。債権者一覧表とは、借入先の住所、連絡先、借入額、取引開始年月をまとめたものです。その他、消費者金融やクレジットカードの請求書、収入を証明する書類なども用意していくべきです。 弁護士と面談すると、任意整理が可能かどうか決定し、受任通知を金融業者に発送することで取り立てをストップして売れます。

弁護士が最初に行う仕事は

・取引開始から現在に至るまでの支払明細書を業者に開示請求する事です。

この情報に基づいて、利息制限法の観点から計算を行って過払い金がないかを調べます。これらを整理し、残った借金を支払う方法を金融業者と交渉してくれます。弁護士はなるべく債務者の希望する条件で和解が成立するように交渉してくれます。 和解契約書を交わせば、その契約に基づいた返済計画に沿って返済が始まります。

返済が始まってからも弁護士を通して金融業者に一定金額を返済することができるなど、弁護士はサポートをしてくれます。その後は取り立てに悩まず順調に借金を返済して行けることでしょう。 以上の通り、任意整理は弁護士という強い味方がいますので、想像しているよりも簡単に行う事が出来ます。無理なく返済していくためにも、任意整理を行って負担の軽い返済計画を立てることが大切です。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |