債務整理とは

債務整理とは、ひと言で言うと抱えている借金の整理を行う手続きのことで、『任意整理』『自己破産』『個人再生』の大きく3つに分けられます。
また、払い過ぎた利息を取り戻す『過払い金返還請求』も債務整理のひとつになります。
それぞれ内容は異なりますが、債務整理をすることで支払いや取り立てを止めることができ、借金の負担も軽減することができます。
これらが簡単にいうところの債務整理になります。

では、債務整理の任意整理、自己破産、個人再生はそれぞれどのような内容になるのでしょうか?
同じ債務整理でも、それぞれの手続きや内容は異なります。

まず任意整理は、利息制限法の上限金利から金利を引き下げて計算し、借金を減額する方法です。
金利をカットすることで元本のみを分割で返済できるため、借金の負担が大きく減ります。
また、自己破産や個人再生などのデメリットも避けることができるというメリットもあります。
ちなみに、上限金利は15~20%。再計算することを『引き直し計算』といいます。
ただし条件もあり、減額後は必ず3年程度で返済しなければいけません。
さらに、安定継続した収入がある方のみ利用できます。

自己破産は、支払いが不能になった場合に利用する債務整理です。
任意整理や個人再生でも返済ができない場合に用いられます。
法律上、借金の支払い義務をなくすことができるため、借金に追われることがなくなるというメリットがあります。
もちろん、裁判で支払い不能が認められなければ自己破産はできません。
また、過去7年以内に免責を受けたことがないことも条件になります。

最後に、個人再生です。
『財産を手放さずに減額して返済したい』という方に適した債務整理です。
借金を大幅減額することができ、自己破産のような資格制限がないのが特徴です。
減額される金額は借金の総額によって異なりますが、住宅ローンが残っていても利用でき、ギャンブルや浪費が原因の借金でも手続きができます。
もちろん、愛車も手放す必要はありません。
借金の負担が減り、そのうえ財産も手元に残しておくことができるので、安心して返済できるでしょう。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項