債務整理なら弁護士に相談したほうが良い?

債務整理は、弁護士や司法書士に相談するのが一般的です。
しかし、弁護士と司法書士では債務整理に対する姿勢が異なります。
もちろん、司法書士に相談したからといって、借金問題が解決しないというわけではありません。
それでも、債務整理の手続きを行う前に、弁護士と司法書士、それぞれの違いを知っておくと安心です。

そもそも債務整理とは、弁護士または司法書士が借金をした本人の代理になり、借金を整理してくれることをいいます。
そのため、相談だけならどちらでも良いでしょう。
しかし、いざ借金問題を解決するとなると、司法書士よりも弁護士のほうが良いといわれています。

その理由は、弁護士のほうが法的アドバイスに詳しいからです。
身近な事件やトラブルなどを解決することを目的としているため、債務整理にもしっかり対応してくれます。
一方で司法書士は、不動産や会社などの登記を専門としています。
要するに、弁護士に比べると債務整理に詳しい人が少ないのです。
そのため、債務整理は司法書士よりも弁護士に依頼したほうが解決しやすくなります。
また司法書士でも、債務整理に携われるのは『認定司法書士』のみになります。
一般的な司法書士は法律相談や交渉、訴訟などは難しいでしょう。

もちろん、司法書士でも個別債権が140万円以下である場合、法律相談・交渉・訴訟が可能になります。
先にも述べたとおり、認定司法書士であれば対応してくれるでしょう。
ただし、140万円超の場合は対応してくれませんので気をつけてください。
このように、借金問題をトータルでサポートしてくれるのは弁護士ということになります。

とはいえ、ひと口に弁護士といってもさまざまです。
弁護士だからといって、必ずしもすべての弁護士がきちんと対応してくれるとは限りません。
ですから、
1.専門知識を持っているか
2.親身に対応してくれるか
3.足を運びやすいか
4.弁護士費用を明確にしているか
などをチェックし、自分に合った弁護士を見つけましょう。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項