債務整理中の借り入れは可能?

順調に債務整理をしていたけれど、急きょお金が必要になり困っている…という方もいるでしょう。
出費は突然やってくるもの。それが債務整理中であると大変です。
この場合、気になるのが『債務整理中でも融資は受けられるのか?』ということです。

結論からいいますと、借り入れは不可能です。
というのも、債務整理をすると5~10年は信用情報機関に掲載されてしまうからです。
この期間は新規で借り入れをすることはもちろんのこと、ローンを組むこともできなくなります。
ですから、新しく融資を受けたい場合、信用情報機関の掲載が終わるまで待たなければいけません。

とはいえ、絶対に借り入れができないというわけではありません。
基本的に借り入れはNGですが、キャッシングを利用すると債務整理中でも融資が受けられるといわれています。
キャッシングなら規制を低く設定しているところも多く、一般的な金融機関に比べると借り入れしやすくなっています。
また、中小企業の場合も同様です。
そのため、債務整理中にどうしてもお金を借りたいという場合は、中小企業のキャッシングを利用すると良いでしょう。
大口の借り入れはできませんが、万が一急な出費があった場合でもきちんと対応してくれます。

ただ、基本的に債務整理中の新たな借り入れは禁止されています。
借金をするということは『返済能力がある』とみなされ、せっかくの和解交渉もなかったことになってしまう可能性があるからです。
特に自己破産は、支払い能力がないわけですから、借り入れするというのは辻褄が合いません。
また弁護士にも依頼時に指摘されますので、どうしてもお金が必要という方は一度担当の弁護士に相談してみましょう。

ちなみに、債務整理をすると任意整理は5年程度、自己破産と個人再生は10年程度信用情報機関に掲載されます。
あくまでこれらの期間は目安です。
そのため、なかには任意整理でも5年以上掲載される場合もありますし、自己破産や個人再生でも10年以内になる場合もあります。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項