債務整理の相談はどこにしたら良い?

債務整理は、一般的に弁護士または司法書士に相談することができます。
弁護士は法律相談のプロですから、どのような方法を取れば借金が解決できるのか、最後までしっかりサポートしてくれます。
一方で司法書士は、弁護士ほど債務整理の知識はありませんが、140万円以下であればきちんと対応してくれます。
ただし司法書士の場合、債務整理の対応を行ってくれるのは認定司法書士のみになります。
一般の司法書士では相談にのってくれない場合がありますので、きちんと見極めてから利用しましょう。

では、弁護士や司法書士以外で債務整理の相談にのってくれるところはあるのでしょうか?
実は『法テラス』と呼ばれるところも、債務整理の相談が可能だといわれています。
法テラスは、法的トラブル専門の相談窓口。正しくは『日本司法支援センター』といいます。
法制度のことや経済的に余裕がない方の手助けをしてくれる国民向けの無料相談場所です。
一番のメリットは、民事法律扶助制度を利用できることでしょう。
そのため、弁護士や司法書士への支払いを一時的に立て替えてくれます。
ただし、前途のとおりあくまで支援センターですから、弁護士のように借金問題が解決するまでサポートしてくれるわけではありません。
いうならば、法テラスで相談することで自分に合った弁護士・司法書士を相談してくれるというわけです。
立て替えた費用は分割返済になりますが、弁護士や司法書士にかかる手続きの費用をマイナスにできるため、非常にお得です。

どんなところで相談したら良いか分からないという方は、一度法テラスを利用してみると良いでしょう。
法テラスは全国各地にありますから、地方の方でも安心して相談できます。
いきなり弁護士や司法書士に相談するのは勇気がいるという方にもオススメです。

ちなみに弁護士の場合、個別の債権額が140万円以上でも相談・交渉・訴訟が可能になります。
もちろん140万円以下でも対応してくれますから、債務整理に関するトータルサポートを依頼するなら最終的に弁護士が良いでしょう。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項