債務整理でブラックリストに登録される期間について

ブラックリストとは、信用情報機関のこと。債務整理をすると、過払い金返還請求以外必ず登録されます。
でも、一体どんなことが登録され、どれくらいの期間登録されることになるのでしょうか?

まず、日本には『株式会社日本信用情報機構』『株式会社シー・アイ・シー』『全国銀行個人信用情報センター』の3つの信用情報機関があります。
それぞれJICC・CIC・KSCと呼ばれており、なかでも歴史が古いのが株式会社日本信用情報機構のJICCです。
それぞれ、登録される内容は異なります。

JICCは、債務整理の他に延滞や延滞解消、自己破産や個人再生の申し立てなどが登録されます。
延滞情報は、延滞中であれば登録されたままになりますが、延滞を解消した場合、解消日から1年登録されることになります。
債務整理の場合、任意整理・自己破産・個人再生ともに発生した日から5年間登録されます。
では、CICはどうでしょうか?CICでは、主に支払い状況に関する情報が登録されます。報告日や残債額、請求額や入金額などです。
また、異動発生日や延滞解消日なども登録されます。債務整理でも、これらの情報が登録されることになります。
期間は、契約期間中と終了後から5年以内です。

KSCの場合、取引情報や照会記録情報や官報情報などが登録されます。
期間は、CIC同様契約中または終了日から5年以内になります。
しかし、登録情報によって登録期間が異なるため、事前にチェックしておきましょう。
ちなみに、取引情報の場合、先にも述べたとおり5年以内、照会記録情報は利用日から本人開示は1年以内、会員は6か月以内になります。
官報情報は決定した日から10年以内は登録されますので気をつけましょう。

ブラックリストは、どのような債務整理を行ったのかによって登録期間は異なります。
たとえばCICの場合、個人再生と任意整理は登録されません。もっとも登録期間が長いのはKSCです。
債務整理を行う前に調べておくと安心でしょう。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項