債務整理すると連帯保証人への影響は?

〇債務整理と連帯保証人

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。 そして、債務整理が連帯保証人に与える影響はどの債務整理を選択するかによって変わってきます。

 

任意整理の場合

 

まず、任意整理は債務者が請求する債権者を選択することができます。 そのため、連帯保証人を設定している債務を除き、それ以外の債務について任意整理を行うといったことも可能です。

 

連帯保証人を設定している債務の任意整理を行う場合、連名で任意整理を行うことも可能となっています。 具体的には、弁護士へ委任状を渡すだけです。 任意整理は本人だけで依頼しても連名で依頼しても費用はほとんど変わりません。

 

任意整理では債務者が新しく組み直した返済計画に基づいてしっかりと返済を行っていけば、連帯保証人が債権者から請求を受けることはありません。 ただし、任意整理を行った場合、債務者と同じく連帯保証人も信用情報機関の信用情報にその事実が記載されるので、しばらくはキャッシング、クレジット、ローンの利用に制限が課せられることになります。

 

個人再生と自己破産の場合

 

任意整理とは異なり、個人再生と自己破産では全ての債務が整理の対象となるので、連帯保証人を設定している債務を除外するということはできません。

 

個人再生の場合、個人再生によって債権者が受け取ることができなくなった債務があれば、債権者はその債務の支払いを連帯保証人に請求可能だと定められています。

 

自己破産の場合、免責が許可されれば債務者の債務の支払いが免除されます。 しかし、債務そのものが消失するわけではないので、債権者は連帯保証人に債務の請求をすることができると定められています。

 

個人再生と自己破産は公的手続きであり、債権者が債務を回収するために一括請求をしてきたとしても連帯保証人は拒否することはできません。 このように、個人再生と自己破産の場合、債務者は連帯保証人に対して多大な迷惑をかけることになるのです。

 

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項