リボルビング払いで気をつけるべきこと

・お金を借りる時、初めから消費者金融に行く人はほとんどいないでしょう。

クレジットカードが初めてのキャッシングになると思います。クレジットカードでのキャッシングは消費者金融のようにダーティなイメージがないので、本質は一緒でも余り後ろめたさがないものです。 クレジットカードの支払いは、今では公共料金やインターネットの回線料金、携帯電話料金などもまとめて支払う事が出来るので大変便利です。生活の一部として溶け込んでいることも、クレジットカードでのキャッシングに後ろめたさや抵抗を感じにくい理由でしょう。

クレジットカードで気をつけたいのがリボルビング払いです。これは一回ごとの支払いが余り負担にならない代わりに、金利が高めに設定されているため、あまり元金が減ることがありません。負担が軽いのは有難いことですが、そのために返済能力を越えた利用をしてしまいがちなものでもあります。また、枠に余裕がある限りはいくらでも追加で借りることが出来ることも、思わぬ額を抱えてしまう理由です。この点には注意しておきたいものです。

以上の理由から

・クレジットカードではリボルビング払いは出来るだけ避け

一括払いを基本として使う事をお勧めします。リボルビング払いを利用するときでも、簡単に支払える額にせず毎月の支払額を増やし、自分の返済能力ぎりぎりのラインで返済して行くことで、買い物を控える精神的な効果もあります。 そもそもクレジットと言う言葉は信用という意味であり、月々の返済を真面目に続けて行くことで、カードの利用上限額が増えたり、キャッシングの金利が下がることもあります。

クレジットカードの支払いは基本的に一括払いを基本にし、カードもできるだけ1~2枚に集中させるようにしましょう。そうすることで信用やポイントは少数のカードにたまりやすくなりますし、支払い金額の計算も用意になります。 また、クレジットカードは、カードの種類によって引き落とし日が違うものです。返済日が指定できる場合は、給料の受け取り日の直後に支払期日を集中させることで、返済しやすくなります。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項