債務整理の保証人への影響

・返済義務は保証人が承継する
債務整理の効果は保証人・連帯保証人には及ばないないので、借金の返済義務は保証人に移り請求がいきます。 もし、保証人も支払いができないということであれば保証人も債務整理をすることも考えなければならなくなります、 手続きをする場合には保証人に事前に連絡しておく必要があります。

・保証人が一括で支払う
債務整理を開始すると、そのことが債権者にも連絡がいきます、そうなると債権者は保証人に負債の支払いを請求してきます。 今度は、いままでの支払い方法がどうであれ一括での支払いになります。
債務整理をするほどの負債を一括で支払うのは保証人も負担になるでしょう、もし、支払いが出来ない場合には保証人も債務整理を考えなければならなくなります。

・保証人に影響しない方法
債務整理のうち任意整理と特定調停による手続きの場合、整理する債権者(借金)を選ぶことが出来るので、このときに保証人を立てている借金を残して整理すればいいのです。とはいえ保証人を立てるほどの借金は額が多いので慎重に選択してください、選択した結果、借金の返済を続けることができるか十分に検討しなければなりません。

最善な方法
保証人を立てているほどの借金は額が大きく、債務整理すると保障人への影響度も大きくなることを債務整理の手続きを 検討している人は十分に考えて検討するようにしてください。 保証人に迷惑をかけたくないから何もしないと借金がさらに大きくなり、結果的に保証人の負担が大きくなるかもしれません、
誰もが債務整理に他人を巻き込みたくないと思っているはずです、最善な方法で早く対処することが必要で、一人で悩まずに 債務整理を得意とする法律事務所に相談することをおすすめします。 弁護士や司法書士に相談することです。相談は無料で保証人に対する問題も相談にのってもらえます。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項