債務整理の家族への影響

・家族に知られることはないの?
債務整理をしても債権者や裁判所からは連絡は行かないので知られることはないのですが、連帯保証人である場合、債権者からか連帯保証人の家族に連絡が行きます。
よくある話として同居している家族の場合、書類を置きっぱなしにして見られて知られたりすることが多くあるようです。

・借金の支払い義務
借金の支払いは債務者の義務であり、家族であったとしても影響はありません、しかし、家族が保証人になっている場合には本人に代わって返済の義務が 生じてきます。 言い換えれば保証人、連帯保証人でなければ影響がないということです。

・借金の相続
債務者が死亡した場合、家族が保証人であるなしに関係なく、相続人の妻や子供が借金を相続します。ただし、借金の相続を知った日から起算して3ヶ月以内であれば家庭裁判所に相続放棄の申立てができます。支払いの義務がなくなります。

・家族の借入れはできる?
本人以外には影響はなく、借入れはできます。影響があるとすれば債務整理した本人の情報が事故登録されている場合、家族がローンを組むときなど連帯保証人になることはできないということです。


債務整理をしたことが直接家族に影響することはないのですが、債務整理は本人には負担が大きいので家族と協力して 進めることは重要だと思います。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項