任意売却とは

住宅ローンなど不動産ローンが払えない状態になると、いずれ競売にかけられるのですが、その前に債務者と 債権者が仲介者(不動産会社など)の意見を聞き、話合いで不動産を売却して債務整理をすること。 通常、債務が残残っている状態で不動産を売却をすることはできませんが、任意売却の場合は金融機関の了解を得て債務が残っていても抵当権が解除でき 売却ができるのです。

住宅ローンを滞納し続けると?


住宅ローンの滞納が約半年(※)も続くと差押えされ、いずれ強制的に自宅が競売にかけられて処分されてしまいます。 落札された金額は相場に関係なくどんなに安くても成立してしまいます。また、落札された物件は落札者に権利が移ってしまうので引渡し時期も 落札者都合で進んで退去させられてしまいます。

(※)銀行の住宅ローンの場合は滞納約4ヶ月目で地方裁判所から競売を開始する通知が届きます。 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合は滞納約6ヶ月目で地方裁判所から競売を開始する通知が届きます。

任意売却のメリット


  • 不動産がそのときの相場を考慮して決められるので損をすることがない
  • 引渡し時期などある程度相談に乗ってくれる
  • 返済方法も生活状況に応じた分割払いができる
  • 競売と違い新聞やチラシで公開しないので会社や近所に知られることがない
  • 身内に買い取ってもらい賃貸料を払うという形で住み続けることもできる。

任意売却のデメリット

  • 競売は極端にいうとなにもしないでも事は進んでいきますが、債権者との交渉や手続きなどの負担があります
  • デメリットというより条件になるかも知れませんが、保証人や債権者が同意しない場合は任意売却はできません。

住宅ローンの問題は額も大きくほとんどの場合、自分ひとりの問題でないので正しい選択をしなくてはなりません、決して競売にかけられない ようにしてください、任意売却は交渉や手続きが複雑ですがそれ以上のメリットがあるはずです。 まずは専門家に相談してから検討することをおすすめします。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項