貯蓄のコツ~先取り貯蓄~

・お金を貯めたいがなかなかたまらないという悩みを抱いている人は多いことでしょう。

その悩みを解消する第一歩として、まず自分のお金の使い方を分析し、家計管理のコツをつかむことが重要です。 貯蓄を苦手な人がお金を貯めるためには「先取り貯蓄」を利用するのがお勧めです。この方法は、給料の中から貯蓄分を自動的に別の口座に積み立てるシステムのことです。あらかじめ別口座に振り分けられるため、間違って使ってしまう心配はなく、放っておくだけで自然とお金は貯まっていきます。

先取り貯蓄の逆の方法、つまり収入は全て手元に置いておき、余った分を貯蓄に回す方法を「成り行き貯蓄」といいます。この方法ではついお金を使ってしまうということが頻発するため、なかなかお金をためることができません。確実に貯蓄を増やして行くためには、先取り貯蓄がお勧めです。 また、もう一つのコツは目標金額を設定する事です。目標もなくお金をためていればゴールが見えないため、ある程度まとまったお金ができた時点で安易に使ってしまいがちです。なかなか貯蓄は増えません。これを防ぐために、たとえば「100万円貯める!」と決めてしまうべきです。この目標金額を達成するためには、毎月2万円貯めるならば4年2ヶ月で達成、毎月4万円貯めれば2年1ヶ月で達成、毎月8万円貯めることが出来れば、1年ほどで目標を達成する事が出来ます。

最初は小額から始め、慣れるに従って金額を増やしてもいいですし

・自分に合った方法で着実に貯めて行くことが大切です。

給料がアップした時に昇給分を貯蓄に回せば、毎月の貯蓄額を無理なく増やすことが出来ることでしょう。生活スタイルに無駄が生じず、貯蓄のペースも速くなり、良いことづくめです。 先取り貯蓄をするならば、「財形貯蓄制度」を利用する事をお勧めします。利用できるのは、勤務先が此の制度を導入している場合に限られますが、メリットがあるので是非利用したいものです。

そのメリットとは、給料から天引きされることと、積立金額を1000円単位で細かく設定できること、最低金額は1000円からで無理なく始められることです。勤務先で入り度手続きをすれば、後は給料から天引きされて自動的に積み立てられていきます。勤務先がこの制度を導入していない場合には、銀行の「自動積立定期預金」や信用金庫の「定期積立」がおすすめです。給料が振り込まれる日に、一定額をそちらに写すように設定しておくことで、専用の口座に自動的に積み立てが行われます。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項