借金返済の策

・ブラックリストという言葉は誰もが聞いたことがあるでしょう。

借金は人を苦しめる魔物です。経験したことのある人にしか分からない苦しみではありますが、利息を含めた金額を返し続け、その間家計は圧迫され続け、大変な苦しみを強いられることとなります。 ここでは借金返済の為の究極の策を提供します。 借金は返済困難に陥ってしまえば、迷うことなく債務整理してしまう事、これこそが究極の策です。返済するという行為は同じであっても、整理をしてから返済するのと、そうでないのとでは大きな差があります。

他には、可能であればおまとめローンの利用なども妙案の一つです。また、それより前には、借金返済の為の生活改善をすることも当然重要なことです。さらに言えば、借金を整理したとしても、返済方法をよく検討することは絶対に必要なこととなります。 返済方法の検討についてですが、返済方法は一括返済か分割返済の2種類の返済方法に限定されます。不景気な状況下では、ボーナスなどの臨時収入を期待した上での返済計画は非現実的なものであると知っておきましょう。

一括で返済できる金額であれば

・無駄な利息を払わないためにも一括で返済してしまいましょう。

位活が不可能であれば、分割返済になりますが、分割するのであれば、毎月いくら返済し、計何回で返済するかということは計画しなければなりません。ここでよく計画せずに、無理な返済計画を立ててしまえば、あとで計画は狂い、大変な目に合うこととなります。不景気な昨今、給料の減額や企業の倒産、失業のリスクと隣り合わせです。返済計画は余裕をもったものにすべきです。 返済金額を決めるためには、毎月の返済額を決める際に、月々の収入から生活の為の固定費を差し引き、毎月どれだけの額が自由となるかを計算しましょう。固定費の計算を誤れば、全ての計画は狂います。

固定費には衣食住の費用の他にも、携帯電話料金、保険料、車や住宅のローンを必ず組み込むようにしましょう。 毎月の収入の設定にも注意が必要です。残業代やボーナスもあてにしないようにしましょう。これらの臨時収入は入ればラッキーくらいに考えておき、実際に入れば繰り上げ返済に充てるのが最も確実な方法です。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項