多重債務とは

・多重債務を負い、返済が不可能になってしまう人には

一般的にルーズなイメージが持たれがちです。たしかにルーズということが理由で多重債務に陥る人もいますが、実は真面目な人ほど多重債務に陥りがちであるという側面も見逃してはなりません。此処では、多重債務とはどういう状況のことを指すのかを正しく知りましょう。

複数業者から借金をしてしまった場合に、一番気になるのはいつになったら返済が終るのかということでしょう。一般的なサラリーマンを例にしてみて行きましょう、まず、サラリーマンの平均的な月収は20~30万円くらいですが、この月収の場合には借金総額が300万円を超えれば全額返済には多大な苦労をするか、もしくは全額返済は難しくなります。

なぜ返済が難しいのか

・借金総額が300万円であり、利息を仮に2割として計算してみましょう。

この時、年間の利息は60万円にも上ります。もし1年で完済しようと思えば、1年で360万円支払う計算となり、月々30万円も返済する計算になります。これではとても生活できません。 生活を圧迫しないためには5万円くらいの支払いが妥当でしょうが、毎月5万円の支払いでは利息分しか支払う事が出来ず、いつまでたっても元金が減る事はありません。少しでも減らそうと頑張って、月々6万円返済したとしても年間で元金はたったの12万円しか減りません。返済に多大な苦労を強いられる理由が分かったことと思います。

また、いやらしいことに金融業者は、利用枠が空けば新たな借り入れを勧めて誘惑してきます。生活の厳しさからここで追加融資を受けてしまう人も多いものです。誘惑を断ることが出来たとしても、完済までには気の徳なるような年月がかかります。 また、複数業者から借入をしている場合には、借金返済の為の借入をしているケースが多く見られます。こういった場合には、借金は経るどころか、利息分の借金が増えて行くことになりがちです。こうなれば一生かかっても完済できません。このような時には、迷わずに弁護士に相談する事をお勧めします。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


法律・法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項