民事再生について

民事再生とは貯まってしまった借金が返済出来ない時に利用する制度であり、一定期間に分割してそれを返していくものです。 この一定期間とは基本的に3年前後と決まっており、返済する金額については借金の合計をもとにして計算されます。

特徴として住宅などの資産を国によって処分されずに借金を返済出来るため、返済者の精神的負担も大分軽くなります。 借金の総額にもよりますが、合計額の5分の1程度カットされることも多いため、返済に困っている方にはオススメです。

メリット

また民事再生によって減額された借金を全額返済すれば、それ以外の借金については返済義務がなくなるというメリットもあります。

民事再生という制度は個人再生とありますが、原則一人でこの制度を利用することが出来ない仕組みになっています。

基本的に弁護士や司法書士のような法律家の力を借りて行うことが多く、その理由は以下のとおりとなっています。

流れ

民事再生の手続きには書類提出や法律関係の知識が必要なことが多く、法律家の力を借りないと流れが遅くなってしまう傾向があります。 また裁判所に足を運ぶことも多いため、法律の知識がない方が進めると途中でわからなくなってしまうこともあります。 そんな事態を避けるためにも、弁護士や司法書士といった法律家と共同作業で民事再生制度を進めていく形となります。

 原則民事再生は弁護士と司法書士の2つの資格を所持している方に委託出来ますが、その違いについて説明をしていきます。 法律で司法書士が140万円以下のケースである場合において、依頼者に代わって代理権が発生するという決まりがあります。

なので借金の総額が140万円以下と分かっている場合は、司法書士に依頼しても大丈夫です。 一方で弁護士の場合は借金の総額に関係なく、依頼者に代わって代理権を発生させることが出来ます。

よって、借金の総額が不明な場合は多額の場合は弁護士に依頼した方がスムーズに流れが進みます。 また支障書士より弁護士に依頼した方が、全体的な民事再生の手続きが早く終わるケースが多いです。 そのため少しでも早く解決したい場合にも、弁護士に依頼する方がメリットが多いです。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


はたの法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |