期限と取り戻せる金額

過払い金請求が行える期限

過剰に支払った利息の返還請求には期限があり、その期限を過ぎると取り戻すことはできなくなります。 請求できる期限は最後の返済から10年までです。 最後に返済した時や、返済完了した日から10年間は過払い金を請求できるということになります。

なぜ10年かというと、10年を過ぎると時効となり、金融会社は過払い金を返還する義務がなくなるからです。 厳密に言うと10年を過ぎても過払い金を請求することはできますが、金融会社は請求に応じる必要がなくなる為、 過払い金が返還される可能性がほぼなくなるということです。

返済期限は最終取引から10年間と記述しましたが、今も取引が続いているケース、つまり現在進行形で返済している場合はいつでも過払い金の返還を求める事ができます。

取り戻せる金額は一定ではありません

一言で過払い金請求と言っても、請求のやり方で返してもらえる金額が変わってきます。 つまり、弁護士や司法書士など依頼する専門家の腕や技量によって取り戻せる金額は変わるのです。

なぜかと言うと、過払い金を請求してもお金を借りていた会社が応じない場合や金額に納得がいかない時は訴訟を起こすことになります。 訴訟を起こすことによって弁護士費用も高くなるので、 ここだけ見ても過払い金請求をして最終的に手元に残るお金が変わってくるのがわかります。

訴訟を起こさなくてもしっかりと納得のいく額を取り戻してくれる評判の良い弁護士や司法書士に相談、依頼することが大切です。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


はたの法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項 |