債務整理のデメリットについて

債務整理のデメリットについて

債務整理のデメリットは、手続きの内容によって異なります。
債務整理には任意整理、自己破産、個人再生の主に3つの手続きがありますが、それぞれデメリットが違うため、利用する前にきちんと理解しておかないと失敗してしまいます。
『借金を整理してくれる』ということだけ聞くと、借金を抱えている人にとってはとても有り難いですが、リスクもありますので手続きを行う際は気をつけましょう。

まず、任意整理です。任意整理には裁判所を通さず借金の負担を軽減できるというメリットがあり、将来利息がカットされるのが特徴です。
また官報にも掲載されませんから、支払いが終わったら今までどおりの生活を送ることができます。
しかし一方で、信用情報機関に掲載される・借金が強制的に免除されるわけではない・消費者金融の場合和解が成立しないこともあるなど、デメリットもあります。
信用情報機関とは、ご存知の通りブラックリストです。任意整理をすると、残念ながら掲載され、最低でも5年は新規の借り入れやカードの利用や発行などができなくなってしまいます。
ローンも組むことができませんから、大きな買い物も難しくなるでしょう。
また借金も全額・一部が強制的に免除されるわけではないため、必ずしも借金の負担が減るとは限りません。
とはいえ、一般の賃金業者であればほとんどの場合和解に応じてくれますから、あまり心配する必要はありません。

では、自己破産はどうでしょうか?
自己破産と聞くだけでデメリットなイメージがありますが、どんな手段を使っても支払いができない方にとって、自己破産は大きなメリットになります。
ただ、10年以上ブラックリストに掲載される・財産は処分される・一部の職業に就けなくなるなどのデメリットがあります。
一般的に、債務整理をするとブラックリストに掲載されます。
しかし、自己判断の場合10年程度と長いため、負担になりやすいでしょう。

個人再生も、10年以内のブラックリストの掲載・官報への掲載・費用や手間がかかるといったデメリットがあります。
また、任意整理のように一部の賃金業者を除外することもできないため、負担になりやすいと言われています。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


はたの法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項