債務整理後は信用情報機関に登録される?

債務整理後は信用情報機関に登録される?

債務整理をすると、気になるのが『信用情報機関』です。
信用情報機関とは、いわゆるブラックリストのこと。
債務整理をすると、どうしても信用情報機関への登録は避けることができません。
ですから、債務整理を検討中の方は、信用情報機関についてもきちんと知っておくと安心です。

ひと口に信用情報機関といってもさまざま。
日本には3つの信用情報機関があり、もっとも古いのが『JICC』です。
加盟している消費者金融も多く、随時情報の更新や反映が行われています。
登録期間は、債務整理の場合5年。延滞の場合も5年、多重申し込みの場合は6か月登録されることになります。

次に、信販会社やクレジットカード会社系が加盟している信用情報機関です。
『CIC』といい、原則で月1回以上の登録情報更新・反映が行われます。
債務整理をすると、5年間は登録されることになります。
そして、延滞5年、多重申し込みは6か月とJICCと同じです。

最後に、銀行・銀行系カード会社などが加盟している信用情報機関『KSC』です。
債務整理をすると5年登録されることになりますが、官報情報は10年登録されます。
延滞5年、多重申し込み6か月と他の信用情報機関と登録期間は同じになります。
利用している金融機関が銀行や銀行系であった場合、債務整理するとKSCになるため、どうしても登録期間が長くなってしまいます。
特に自己破産や個人再生になった場合、10年間は登録されますので、新規借り入れやローンを組むのも10年以上は待つ必要があります。

では、同じ債務整理でも過払い金返還請求の場合はどうでしょうか?
過払い金とは、ひと言でいうと『払い過ぎた利息』のことをいいます。
返還請求をすることでその利息を取り戻すことができますが、この過払い金返還請求も債務整理のひとつになります。
そのため、過払い金返還請求をすると信用情報機関に登録されてしまうのでは?と不安になっている方も少なくないでしょう。
でも、安心してください。過払い金返還請求の場合のみ、信用情報機関への登録はありません。
万が一登録されてしまった場合、取り消しの申し立ても可能です。

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


はたの法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項