任意整理後にキャッシングはできる?

任意整理後にキャッシングはできる?

〇任意整理後はキャッシングに制限がかかる

 

債務整理をすると信用情報機関の信用情報にその事実が記録され、それが残っている限りキャッシング、クレジット、ローンなどの利用に制限がかかることになります。

それぞれの業者は申込者の審査において信用情報を照会し、それを申込者の信用度を図る一つの目安として利用するからです。

そして、債務整理の経験は業者に大きな悪印象を与える材料となります。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があります。

任意整理は債権者との協議によって進められる手続ですが、個人再生と自己破産はそこに裁判所が介入してきます。

任意整理はまだ返済可能な範囲内で借金を返していくという意思が窺えるものであり、個人再生や自己破産と比べると印象は悪くないとする見解もあります。

実際のところ、業者の審査基準というものは公開されていないのではっきりとしたことは分かりませんが、任意整理後にキャッシング、クレジット、ローンなどを利用することができたというケースも実際に起きているようです。

 

ただし、これはあくまで稀少なケースであるということは理解しておく必要があります。

 

〇任意整理後のキャッシングは何時頃からできる?

 

信用情報機関の信用情報は、債務整理については7年から10年で消去するとされています。

この期間中は原則的にキャッシングは利用できません。

特に、任意整理後の返済期間中は生活費をギリギリまで切り詰め、返済に充てているものと解されます。

このような状態ではキャッシングを利用しても返済が困難になる可能性が高く、多重債務に陥る危険性もあります。

そのため、任意整理後の返済期間中はまずキャッシングの審査は通らないと考えていいでしょう。

 

任意整理後、返済を完了させればようやく少しだけキャッシングの審査を通る可能性が出てきます。

ただし、安定した経済力があること、信用を損ねるその他の問題がないことなどが前提条件となります。

 

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


はたの法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項