任意整理は自分でできる?

任意整理は自分でできる?

〇任意整理を自分で行うことの障害

任意整理は弁護士や司法書士に依頼して進めるのが一般的ですが、そうなると費用を負担する必要が出てくるため、任意整理を自分でできないものかと考える方は少なくありません。 任意整理はもちろん、個人再生も自己破産も法律的には自分でできることになっています。

 

しかし、任意整理を自分で行うことにはさまざまな障害があります。 まず、任意整理では弁護士や司法書士を代理人として立てることができないので、債権者である貸金業者と自分自身で交渉することになります。 すなわち、自分の借金の減額を自分で依頼するということです。 当然ながら債権者の風当たりが強いことがほとんどであり、交渉が遅々として進まないということが考えられます。 債務整理に通じている弁護士や司法書士であれば債権者との交渉にも慣れており、債権者の情報も持っており、かつ、第三者という立場なのでスムーズな交渉が期待できます。

 

任意整理の大きなメリットの一つとして、債権者からの取り立てが止まるというものがあります。 債権者からの取り立てに対して精神的ストレスを抱えていることが多く、それが解消されるだけでも任意整理をする価値はあると語る経験者は多いです。 しかし、任意整理によって債権者からの取り立てを止めるためには弁護士または司法書士から発送された受任通知を債権者が受け取ることが条件となっています。 つまり、任意整理を自分でする場合は債権者からの取り立てが引き続いて行われることになり、債務者は返済をしながら任意整理を進めなければならないという状況に陥ります。

 

〇任意整理を自分で行うと免責が下りにくい

裁判手続である個人再生で自己破産は多くの必要書類を裁判所に提出しなければなりません。 また、自己破産は自分で行うと免責の許可が下りにくくなるという問題もあります。 これらと比較すると任意整理はいくらか難易度が低いですが、それでも任意整理を自分で行うことにはさまざまな障害があり、ほとんどの方が弁護士や司法書士に手続きを依頼しているというのが現状です。

 

本来ないお金を手に入れられる安易さから借金を繰り返し、ついに返済困難になってしまう事があります。本当に返済が不可能になれば、破産の手続きをすることがありますが、破産という言葉にはネガティブなイメージを持つ人が多いものです。それは、「破産=金銭管理は出来ていない=だらしがない」とか、「葉さん=借金を返済しない」という認識から無責任さを感じることに起因するものと思われます。しかしこれらは間違った認識です。破産は借金に苦しむ人を救う手段の一つと考えるべきです。

また、借金の返済が困難になったからと言って、破産以外に道が残されていないかと言えば、そんなことはありません。例えば「家を手放したくない」、「利息は払えないが、借りたお金だけならば何とか返せそうである」という場合は、破産以外にも解決方法があるのです。債務整理とはネガティブなものではなく、「借金を法的に見直し、無理のない生活を送る」という、いわば借金で困った人の再出発を法的に補助する手段なのです。


はたの法務事務所
ジャンル別
借金の整理方法
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払金返還請求
過払い金・自己破産について
お金の使い方に注意
借金に関する知識
債務整理コンテンツ
お金について考える

運営者情報 | ランキング調査について | 免責事項